被写界深度とは、ピントがあっている範囲のこと

難しい言葉に聞こえますが、簡単にいうとボケ具合を表す言葉です。

被写界深度とは「ピントが合っている範囲」のことで、
被写界深度と浅いピントがあっている範囲が狭く
被写界深度が深いとピントがあっている範囲が広くなります。

よく皆さんが目にする花だけにピントが合って背景がボケている写真は、
被写界深度を浅くして撮影しています。

逆に集合写真や風景は、人物から遠くの風景までピントがあっていますよね。
これは被写界深度を深くして撮影しています。

この被写界深度をコントロールする方法ですが、
簡単に書くと、以下のような法則があります

・レンズの焦点距離が長く、F値が小さく、被写体に近づくほど、被写体深度が浅くなる。
・レンズの焦点距離が短く、F値が大きく、被写体から遠いほど、被写界深度は深くなる。

例えば花だけにピントを合わせて、背景をぼかしたい場合は、
明るく(開放F値が大きい)、望遠のレンズを使えばいいことになります。

普段私たちが使っている携帯電話のカメラやコンデジなどは、
逆に被写界深度が深くなるようなレンズが入っています。
用途が風景やスナップ写真が多いことと、
構造上あまり明るいレンズにできないという点があるからです。

このように、被写界深度をコントロールできるのは、
一眼レフカメラならではの醍醐味ですので、ぜひ挑戦してみてください。

ボケた写真の撮り方など詳しい解説は応用編で解説したいと思います。

まとめ

  • 被写界深度とは「ピントが合っている範囲」のことである。
  • 被写界深度と浅いとは、ピントが合っている範囲が狭く、背景のボケた写真などを言う。
  • レンズの焦点距離が長くF値が小さく、被写体に近づくほど、被写体深度が浅くなる。



このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめのミラーレス一眼レフカメラ

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV

オリンパス PEN Lite E-PL5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

価格・画質・機能の三拍子揃った今一番おすすめなミラーレス一眼カメラです。画質はなんと上位機種のOM-D EM-5と同等で、4/3型のミラーレスの中でも高感度・高画質と評判が高いです。 機能は直感的な撮影・操作ができるタッチパネル可動液晶、素早いAFなど、ほとんどハイエンド機に近いフル装備です。ここまで揃って、価格はレンズキットで5万円台と、ミラーレス一眼の初心者から本格的に撮影を行いたい方まで全ての人におすすめできるミラーレス一眼です。


NEX-5RL

ソニー NEX-5R
画素数 1610万
センサーサイズ APS-C型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

こちらも価格・画質・機能の三拍子揃ったソニーの洗練されたミラーレス一眼カメラです。 オリンパスに比べて撮像素子が大きいため、ボケの大きい一眼レフらしい撮影ができます。タッチパネルと素早いAFに加えて、Wi-Fi対応によるスマホ連携やアプリ追加機能があり先進の機能を楽しめます。価格もレンズキットで5万円台で、上のオリンパスよりも機能重視の方におすすめです。


OM-D E-M5

オリンパス OM-D EM-5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 内蔵・144万ドット
液晶 可動・タッチパネル

管理人がメインで使用している、個人的におすすめ度No.1のミラーレス一眼です。 オリンパス最高級機であり、コンパクトながら見た目も一眼レフカメラに近く、がっしりとしたマグネシウムボディで、これから本格的な写真撮影に挑戦していきたいという 方におすすめの1台です。上のE-PL5のタッチパネル、素早いAFの機能・高画質に加えて、ファインダー、防塵・防滴、5軸手振れ補正がついており、他社と比較したミラーレス一眼の中でも、隙の無い完成度のカメラといえます。管理人のフォトブログでもこのOM-D EM-5の画質の良さを紹介しているので、ぜひ見てみて下さい。