ホワイトバランスとは、光源の色がどんな色なのかの設定

ホワイトバランスとは、被写体にあたる光源の色がどんな色なのか
を設定できる機能のことを言います。

人間の眼は、いろいろな環境でも、知識や経験から
白を白と認識することができますが、カメラはそうは行きません
例えば太陽光が強い日中と、室内の蛍光灯ではだいぶ色が違うため、
それぞれ設定してあげなければなりません。

そう聞くと難しそうに感じますが、基本的にはコンデジなどと同様に、
一眼レフカメラでもオートホワイトバランス設定を使うことが非常に多く、
それで間に合ってしまいます。

オートホワイトバランスがうまく効いておらず、
全体の色のバランスが変だなと感じたら、
適切な光源に設定して撮影してみると良いでしょう。

また、ホワイトバランスというと、白だけの色を変えるような印象を持ちますが、
実際は全体の色が変わることになります。
白熱電球なら黄・赤っぽい色になり、蛍光灯にすると青っぽい印象になります。

この色の変化を使って、実際の光源に合わせるのではなく、
逆に自分の好きなように写真を加工することもできます。
明るさや暗さの変更と違い、全体的な色の雰囲気を変えることができるので、
面白い写真が撮れるとおもいます。

最近流行っているアートフィルターのようなものですね。

ホワイトバランスのさらに細かい設定として、
色温度という設定項目もあるのですが、
マニアックになるので詳しくは応用編で解説する予定です。

まとめ

  • ホワイトバランスとは、光源の色がどんな種類なのかを設定する項目
  • 基本的にはオートホワイトバランスでOK
  • 色の雰囲気を変えるためにオートホワイトバランスを変えるものあり



このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめのミラーレス一眼レフカメラ

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV

オリンパス PEN Lite E-PL5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

価格・画質・機能の三拍子揃った今一番おすすめなミラーレス一眼カメラです。画質はなんと上位機種のOM-D EM-5と同等で、4/3型のミラーレスの中でも高感度・高画質と評判が高いです。 機能は直感的な撮影・操作ができるタッチパネル可動液晶、素早いAFなど、ほとんどハイエンド機に近いフル装備です。ここまで揃って、価格はレンズキットで5万円台と、ミラーレス一眼の初心者から本格的に撮影を行いたい方まで全ての人におすすめできるミラーレス一眼です。


NEX-5RL

ソニー NEX-5R
画素数 1610万
センサーサイズ APS-C型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

こちらも価格・画質・機能の三拍子揃ったソニーの洗練されたミラーレス一眼カメラです。 オリンパスに比べて撮像素子が大きいため、ボケの大きい一眼レフらしい撮影ができます。タッチパネルと素早いAFに加えて、Wi-Fi対応によるスマホ連携やアプリ追加機能があり先進の機能を楽しめます。価格もレンズキットで5万円台で、上のオリンパスよりも機能重視の方におすすめです。


OM-D E-M5

オリンパス OM-D EM-5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 内蔵・144万ドット
液晶 可動・タッチパネル

管理人がメインで使用している、個人的におすすめ度No.1のミラーレス一眼です。 オリンパス最高級機であり、コンパクトながら見た目も一眼レフカメラに近く、がっしりとしたマグネシウムボディで、これから本格的な写真撮影に挑戦していきたいという 方におすすめの1台です。上のE-PL5のタッチパネル、素早いAFの機能・高画質に加えて、ファインダー、防塵・防滴、5軸手振れ補正がついており、他社と比較したミラーレス一眼の中でも、隙の無い完成度のカメラといえます。管理人のフォトブログでもこのOM-D EM-5の画質の良さを紹介しているので、ぜひ見てみて下さい。