本体の規格にあったレンズを選ぼう!

ミラーレス一眼カメラなら、どのメーカーのレンズでも使えるというわけでは無く、
各社で違う規格を持っており、その規格のレンズのみ使うことができます。

規格が合っていないと、本体とレンズが物理的に付けられない訳です。

この本体とレンズを接合する部分の規格をレンズマウントと言います。

メーカー レンズ規格 種類の多さ レンズメーカー
オリンパス マイクロフォーサーズ シグマ
ケンコー・トキナー
コシナ
パナソニック マイクロフォーサーズ シグマ
ケンコー・トキナー
コシナ
ソニー Eマウント シグマ
ケンコー・トキナー
タムロン
ニコン Nikon1マウント
キャノン EF-Mマウント

オリンパスとパナソニックは、
マイクロフォーサーズという共通の規格を使っており、
互いのレンズを使うことができ、参入時期も早かったため、
レンズの種類が豊富です。

後はソニー,キャノン,ニコンなどそれぞれ独自の規格を持っています。

ただし、それぞれ自社製のレンズしか使用できない訳ではなく、
レンズ専門メーカーが、
ソニーやマイクロフォーサーズの規格のレンズを発売しています。

まだニコンやキャノンについては発売されていませんが、
これから増えていくと予想されます。

現時点では、やはりレンズのラインナップとしては、
マイクロフォーサーズ陣営のオリンパス・パナソニック、
他社製レンズもあるソニー
がおすすめです。

マウントアダプター

ちょっと高度な使い方ですが、
マウントアダプターというのもあります。

これを使うことによって、従来のデジタル一眼レフカメラのレンズを、
ミラーレス一眼レフで使うことができるようになります。

例えば、元々一眼レフカメラが好きで、レンズをいくつか持っていて、
その資産を活かしたいという方。

また、ニコンやキャノンは、
ミラーレス一眼専用のレンズのラインナップは少ないですが、
デジタル一眼レフのレンズを使えるとなれば、
非常に豊富なラインナップがあります。

ただし、マウントアダプターをつけるということは、
それだけ本体が重くなりますし、レンズも大きいです。
そもそもミラーレス一眼ではなく、
デジタル一眼レフを買えばいいという話になってしまいます。

ミラーレス一眼の扱いに慣れてきたら、
マウントアダプターを使うという楽しみもあると知っておけば良いと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめのミラーレス一眼レフカメラ

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV

オリンパス PEN Lite E-PL5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

価格・画質・機能の三拍子揃った今一番おすすめなミラーレス一眼カメラです。画質はなんと上位機種のOM-D EM-5と同等で、4/3型のミラーレスの中でも高感度・高画質と評判が高いです。 機能は直感的な撮影・操作ができるタッチパネル可動液晶、素早いAFなど、ほとんどハイエンド機に近いフル装備です。ここまで揃って、価格はレンズキットで5万円台と、ミラーレス一眼の初心者から本格的に撮影を行いたい方まで全ての人におすすめできるミラーレス一眼です。


NEX-5RL

ソニー NEX-5R
画素数 1610万
センサーサイズ APS-C型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

こちらも価格・画質・機能の三拍子揃ったソニーの洗練されたミラーレス一眼カメラです。 オリンパスに比べて撮像素子が大きいため、ボケの大きい一眼レフらしい撮影ができます。タッチパネルと素早いAFに加えて、Wi-Fi対応によるスマホ連携やアプリ追加機能があり先進の機能を楽しめます。価格もレンズキットで5万円台で、上のオリンパスよりも機能重視の方におすすめです。


OM-D E-M5

オリンパス OM-D EM-5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 内蔵・144万ドット
液晶 可動・タッチパネル

管理人がメインで使用している、個人的におすすめ度No.1のミラーレス一眼です。 オリンパス最高級機であり、コンパクトながら見た目も一眼レフカメラに近く、がっしりとしたマグネシウムボディで、これから本格的な写真撮影に挑戦していきたいという 方におすすめの1台です。上のE-PL5のタッチパネル、素早いAFの機能・高画質に加えて、ファインダー、防塵・防滴、5軸手振れ補正がついており、他社と比較したミラーレス一眼の中でも、隙の無い完成度のカメラといえます。管理人のフォトブログでもこのOM-D EM-5の画質の良さを紹介しているので、ぜひ見てみて下さい。