ISO感度とは、CCDが光を感じる感度の良さ

ISO感度とは、CCDが光を感じる感度の良さを数値化したものです。

光の当たり具合を調整するのに、シャッター速度が重要ですが、
ISO感度を調整することで早いシャッター速度でも
十分に露出させることができます。

簡単に説明すると、ISO感度を上げることによって
暗い場所でも明る
く、手振れが少なく撮影できます。

ただし、ISO感度は上げれば上げるほどノイズが多くなり
画質が悪くなる
ため、画質にこだわる場合は、
あまりあげないほうが良いでしょう。

これは高性能なカメラほど上げても悪くなりませんが、
一般的なコンパクトデジカメでISO400以上、
デジタル一眼レフでも800まで上げると、
少しずつ画質が悪くなってきます。

暗い場所で画質の良い写真を撮りたい場合は、
3脚などで固定してシャッタースピードを
長くして撮影するほうがおすすめです。

ただし、最近ではカメラ本体のCCDの性能が
驚くほど向上しているため、ISO1600程度までは、
プロでも無い限り分からない程度のノイズしかないようです。

まとめ

  • ISO感度とは、CCDが光を感じる感度の良さを数値化したもの
  • ISO感度を上げれば、暗い場所でも撮影できる
  • ただし、ISO感度を上げると写真のノイズが増える



このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめのミラーレス一眼レフカメラ

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV

オリンパス PEN Lite E-PL5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

価格・画質・機能の三拍子揃った今一番おすすめなミラーレス一眼カメラです。画質はなんと上位機種のOM-D EM-5と同等で、4/3型のミラーレスの中でも高感度・高画質と評判が高いです。 機能は直感的な撮影・操作ができるタッチパネル可動液晶、素早いAFなど、ほとんどハイエンド機に近いフル装備です。ここまで揃って、価格はレンズキットで5万円台と、ミラーレス一眼の初心者から本格的に撮影を行いたい方まで全ての人におすすめできるミラーレス一眼です。


NEX-5RL

ソニー NEX-5R
画素数 1610万
センサーサイズ APS-C型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

こちらも価格・画質・機能の三拍子揃ったソニーの洗練されたミラーレス一眼カメラです。 オリンパスに比べて撮像素子が大きいため、ボケの大きい一眼レフらしい撮影ができます。タッチパネルと素早いAFに加えて、Wi-Fi対応によるスマホ連携やアプリ追加機能があり先進の機能を楽しめます。価格もレンズキットで5万円台で、上のオリンパスよりも機能重視の方におすすめです。


OM-D E-M5

オリンパス OM-D EM-5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 内蔵・144万ドット
液晶 可動・タッチパネル

管理人がメインで使用している、個人的におすすめ度No.1のミラーレス一眼です。 オリンパス最高級機であり、コンパクトながら見た目も一眼レフカメラに近く、がっしりとしたマグネシウムボディで、これから本格的な写真撮影に挑戦していきたいという 方におすすめの1台です。上のE-PL5のタッチパネル、素早いAFの機能・高画質に加えて、ファインダー、防塵・防滴、5軸手振れ補正がついており、他社と比較したミラーレス一眼の中でも、隙の無い完成度のカメラといえます。管理人のフォトブログでもこのOM-D EM-5の画質の良さを紹介しているので、ぜひ見てみて下さい。