一眼レフという言葉は、1つのレンズ(眼)から、
鏡(レフレックス)を使って、
ファインダーとフィルム両方に光を取り込めるという意味から来ています。

しかし現在では、ファインダーが無いミラーレスでも一眼レフと呼ぶように、
レンズが交換できて撮像素子が大きく、高感度なカメラの総称を
「一眼レフ」
と呼んでいるというふうになっています。

その一眼レフの特長は、主に以下の4つです。

撮像素子が大きく、ボケ・高画質を楽しめる!

画質の良し悪しは画素数に関係していると思っている方が多いようですが、
実は撮像素子が大きいほど高画質に撮影できます。

撮像素子とは、簡単に言うと昔のフィルムの役割を果たすもので、
これが高性能かどうかで画質は左右されます。
いわばデジカメで一番大事な部分でもあります。
撮像素子が大きく良いものを使っているほど価格も高くなります。

フルサイズ(35mm判サイズ)
35mmフィルム型の撮像素子はとっても大きく、高画質撮影、
低ノイズ撮影ができます。
デジタルカメラが普及する前のいわゆる35mm判フィルムと同等の大きさです。
この大きさの撮像素子を搭載した一眼レフカメラは、
ハイアマチュアやプロ仕様のものが多く、
値段も数十万円するものばかりです。
超高画質でボケやすく憧れのカメラですが、一般の人にはなかなか手が出せないですね。

APS-Cサイズ
APS-Cサイズの撮像素子は、
デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼両方で良く使われている大きさです。
35mm版と比べると小さいですが、これでもかなりの高画質で撮影できます。

マイクロフォーサーズ
オリンパスやパナソニックから発売されている
ミラーレス一眼カメラに使われている撮像素子です。
APS-Cよりひとまわり小さい規格サイズですが、
これでも十分ボケを得られ、高画質も達成してきています。

1/2.5型サイズ
1~3万程度で売っている一般的なコンパクトデジカメなどに
使われている撮像素子です。
画素数が多いほど高画質と勘違いしている方も多いかと思いますが、
5年前の500万画素の一眼レフと最新型1300万画素の携帯のカメラでは、
画質は圧倒的に一眼レフカメラのほうが良いです

このようにいろいろなサイズがありますが、
一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに使われている撮像素子は大きいものが多く、
高画質撮影が可能です。

レンズを交換して、多彩な撮影ができる!

一眼レフカメラのもうひとつの特長といえば、レンズが交換できることです。

広角レンズや望遠レンズ、マクロ(接写)レンズなど、
様々なレンズを交換することができるので、用途によって様々な撮影ができます。
同一メーカーや汎用タイプのレンズで規格が一致すれば、
デジタル一眼レフカメラ本体を買い換えてもレンズはそのまま使えます

たとえばミラーレス一眼であれば、PanasonicとOlympusでは
マイクロフォーサーズというレンズの規格が一致しているため、
お互いのレンズを使用することができます
その他にもレンズメーカーが作っているレンズも使用できます。

シーンや場所に応じてレンズを交換して撮影すれば
コンパクトカメラでは決して表現できない
バリエーション豊かな写真を撮ることができます。
初心者でも数種類のレンズを使いこなす」のが上達への近道です。

感度を上げても高画質

撮像素子が大きく、光を感じ取る能力が一般のコンパクトデジカメに比べると、 圧倒的に高いため、暗い場所でも高画質で撮影できます。

また、ISO感度を上げてもノイズが乗りにくいため、
暗い場所で感度を上げても高画質で撮影できます。

感度を上げることにより、速いシャッターでも撮影できるため、
三脚を使わずに夜景撮影も可能、コンパクトデジカメの夜景モードとは
比べ物にならない高画質です。

明るいレンズを使うことで、さらにシャッター速度を上げて撮影もできます

「ボケ」のある写真が手軽に撮影できる

撮像素子が大きいため、一眼レフはコンパクトデジカメに 比べて背景をぼかすのが非常に得意です。 このボケを使った撮影は、一般的はコンパクトデジカメではなかなか再現できません。


このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめのミラーレス一眼レフカメラ

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV

オリンパス PEN Lite E-PL5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

価格・画質・機能の三拍子揃った今一番おすすめなミラーレス一眼カメラです。画質はなんと上位機種のOM-D EM-5と同等で、4/3型のミラーレスの中でも高感度・高画質と評判が高いです。 機能は直感的な撮影・操作ができるタッチパネル可動液晶、素早いAFなど、ほとんどハイエンド機に近いフル装備です。ここまで揃って、価格はレンズキットで5万円台と、ミラーレス一眼の初心者から本格的に撮影を行いたい方まで全ての人におすすめできるミラーレス一眼です。


NEX-5RL

ソニー NEX-5R
画素数 1610万
センサーサイズ APS-C型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

こちらも価格・画質・機能の三拍子揃ったソニーの洗練されたミラーレス一眼カメラです。 オリンパスに比べて撮像素子が大きいため、ボケの大きい一眼レフらしい撮影ができます。タッチパネルと素早いAFに加えて、Wi-Fi対応によるスマホ連携やアプリ追加機能があり先進の機能を楽しめます。価格もレンズキットで5万円台で、上のオリンパスよりも機能重視の方におすすめです。


OM-D E-M5

オリンパス OM-D EM-5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 内蔵・144万ドット
液晶 可動・タッチパネル

管理人がメインで使用している、個人的におすすめ度No.1のミラーレス一眼です。 オリンパス最高級機であり、コンパクトながら見た目も一眼レフカメラに近く、がっしりとしたマグネシウムボディで、これから本格的な写真撮影に挑戦していきたいという 方におすすめの1台です。上のE-PL5のタッチパネル、素早いAFの機能・高画質に加えて、ファインダー、防塵・防滴、5軸手振れ補正がついており、他社と比較したミラーレス一眼の中でも、隙の無い完成度のカメラといえます。管理人のフォトブログでもこのOM-D EM-5の画質の良さを紹介しているので、ぜひ見てみて下さい。