ミラーレス一眼=レンズ交換できる高画質コンパクトカメラ!

最近良く言葉は聞くけど、ミラーレス一眼レフカメラって、
どんなカメラなの?と思っている方も多いと思います。

wikipediaによると、

デジタルカメラの分類のひとつで、一眼レフカメラの光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通じて像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラの総称

と書かれています。ちょっと難しいですよね。

きちんとした定義は無いので、イメージとしては、
レンズ交換ができる高性能・高画質コンパクトカメラ
という感じで理解していただければいいと思います。

ミラーレスという呼び名は、
一眼レフカメラが持つファインダー用の反射ミラーが無いことからきています。

代わりに、ミラーレス一眼では電子的にファインダーを表示しており、
構造的に非常にコンパクトにすることができます。
その上、レンズを交換することができるため、
コンパクトカメラと一眼レフの良いところを合わせたハイブリットなカメラと言えます。

これからはミラーレス一眼が主流になる!

ミラーレス一眼の有名なモデルとしては、オリンパスの「PEN」
パナソニックの「LUMIX」ソニーの「αNEX」シリーズなどをご存知かと思います。
最近になってニコンの「Nikon 1」、キャノンの「EOS M」なども発売され、
各社ミラーレスへ力を入れてきている事がわかります。

TVCMでも、オリンパスPENに宮崎あおい、ソニーNEXに北川景子、
パナソニックLUMIXに綾瀬はるかと、全部ミラーレス一眼になってますね。

最近は一眼レフカメラと遜色の無い高画質化が進行し、
交換レンズのラインナップも増えてきています。

また原理的に構造が簡単なため、故障も少なく、価格も安い、
レンズの設計も高性能化・小型化しやすいとメリットが非常に多数あります。

このような点から、2015年には世界市場で
デジタル一眼レフを逆転する
のでは無いかという予想も立てられています。
個人的にも、おしゃれで高画質でレンズ交換もできる、
ミラーレス一眼
が主流になるのは間違いないと思います。

当サイトでは、そんなミラーレス一眼レフカメラの魅力、使いこなし方、
おすすめモデルを紹介していきたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめのミラーレス一眼レフカメラ

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV

オリンパス PEN Lite E-PL5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

価格・画質・機能の三拍子揃った今一番おすすめなミラーレス一眼カメラです。画質はなんと上位機種のOM-D EM-5と同等で、4/3型のミラーレスの中でも高感度・高画質と評判が高いです。 機能は直感的な撮影・操作ができるタッチパネル可動液晶、素早いAFなど、ほとんどハイエンド機に近いフル装備です。ここまで揃って、価格はレンズキットで5万円台と、ミラーレス一眼の初心者から本格的に撮影を行いたい方まで全ての人におすすめできるミラーレス一眼です。


NEX-5RL

ソニー NEX-5R
画素数 1610万
センサーサイズ APS-C型
ファインダー 別売
液晶 可動・タッチパネル

こちらも価格・画質・機能の三拍子揃ったソニーの洗練されたミラーレス一眼カメラです。 オリンパスに比べて撮像素子が大きいため、ボケの大きい一眼レフらしい撮影ができます。タッチパネルと素早いAFに加えて、Wi-Fi対応によるスマホ連携やアプリ追加機能があり先進の機能を楽しめます。価格もレンズキットで5万円台で、上のオリンパスよりも機能重視の方におすすめです。


OM-D E-M5

オリンパス OM-D EM-5
画素数 1605万
センサーサイズ 4/3型
ファインダー 内蔵・144万ドット
液晶 可動・タッチパネル

管理人がメインで使用している、個人的におすすめ度No.1のミラーレス一眼です。 オリンパス最高級機であり、コンパクトながら見た目も一眼レフカメラに近く、がっしりとしたマグネシウムボディで、これから本格的な写真撮影に挑戦していきたいという 方におすすめの1台です。上のE-PL5のタッチパネル、素早いAFの機能・高画質に加えて、ファインダー、防塵・防滴、5軸手振れ補正がついており、他社と比較したミラーレス一眼の中でも、隙の無い完成度のカメラといえます。管理人のフォトブログでもこのOM-D EM-5の画質の良さを紹介しているので、ぜひ見てみて下さい。